農業と太陽光発電を組み合わせた営農型太陽光発電の普及を目指す
トピックス・ニュース

お知らせ

営農型太陽光発電設備を設置した場合の経営移譲年金の取り扱いについて農水省の指針が発表されました。

ある農業委員会から「営農型太陽光発電設備を設置すると経営移譲年金の支給が停止される」という指摘があり、6月22日、農水省に相談してみました。昨日、農水省からその件に関する回答が届きましたのでお知らせいたします。以下の内容 …

袋井市、藤城さんの稲作の状況を見学して来ました。

袋井市藤城さんの水田。9月13日の稲作の状況です。最後の写真は隣の水田の稲穂です。今年の暑さのためか、ところどころ稲穂が白くなっていました。 太陽光発電を設置した藤城さんの稲穂にはそうした白くなった稲穂は見られませんでし …

(株)タデック、ブルーベリーの苗の栽培を開始。

常滑市の(株)タデックは営農型太陽光発電を進める準備としてブルーベリーの苗の栽培を始めました。ブルーベリーの苗は露地植えの場合、成木になるのに4、5年かかります。バッグカルチャーシステムの場合は期間が短縮出来て、2年ほど …

常滑市にある国家戦略特区、農家レストラン「サンセットウォーカーヒル」に行って来ました。

4月にオープンした農家レストラン「サンセットウォーカーヒル」は常滑市の高台にあり、西に伊勢湾を見下ろし、常滑の街並みの向こうには海に浮かぶセントレアを見ることが出来ます。 オーナーの馬場憲之さんはこの近くでいちご狩り園、 …

東北から1メガ規模の営農型太陽光発電設置の相談を受けました。

営農型太陽光発電は、平成25年3月31日に農水省が「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備についての農地転用許可制度上の取扱いについて」という通知を発表して、営農型太陽光発電に対する農地転用許可の取り扱いを明確にしたこ …

愛知県田原市で2件の営農型太陽光発電を行うため、来週一時転用の申請を予定。

田原市は、愛知県の南東部に位置し、南は太平洋、北は三河湾、そして西は伊勢湾に囲まれ、一年を通して温暖な気候に恵まています。農業は露地栽培、施設園芸、畜産など多様な農業経営がなされ、市町村別農業産出額において、平成26年8 …

豊田市東郷町で営農型太陽光発電の計画が進行中!

          豊田市東郷町は愛知県の北部に位置し、すぐ隣は岐阜県瑞浪市という山に囲まれた地域です。小原村という旧名で知られ、四季桜、小原和紙などで有名です。この地域 …

協議会設立から1年、総会が開催されました。

 先日当協議会の総会が開催されました。総会では、昨年5月の設立以来、各地の地方自治体首長、農政課、農業委員会、JAなどを訪問し営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)の有効性、必要性などを訴え、普及への協力を要請してきた …

経営移譲年金について、農水省から回答がありました。

ある市の農業委員会から「営農型太陽光発電を設置すると、今受給している経営移譲年金が受給停止になる」という話があったことを6月27日紹介しました。納得がいかないのですぐ農水省に問い合わたことも報告しましたが、7月5日その回 …

21世紀型ブルーベリー栽培法(バッグカルチャーシステム)と太陽光発電設備

バッグカルチャーシステムはオーシャン貿易株式会社が開発した、ブルーベリーにとって最適な環境を維持することのできる画期的な溶液栽培システムです。優良品種・専用肥料・専用の混入機・専用培地を組み合わせ、通常収穫までに4~5年 …

« 1 3 4 5 »

カテゴリー

PAGETOP